8月2日は2度目の土用丑の日♪


2020年の夏は「丑の日」が2回あります。


通称“二の丑”です。

 


そして・・


夏やせには鰻がいい?とか。
 


土用の丑の日には鰻という話となると、

必ず採り上げられるのが

万葉集の大伴家持の和歌があります。

 


『 石麻呂に吾物申す 夏痩せに吉しと云うふ物ぞ むなぎ取り食せ 』

 


というのが有ります。

 

「むなぎ」は鰻のことですね。
 

 

夏痩せしてしまった石麻呂という人に、

『鰻がいいというよ、とってきて食べなさい』と言った意味のようです。

 


そして、万葉集に登場するくらいですから、

精力のつく食べ物としての、

鰻の歴史は有名なようです。


 


ともかく、

今回も うなぎでスタミナアップをはかりましょう。

 

  ▼国産うなぎを食卓で!

7月27日は「スイカの日」です。♪


スイカの縦ジマ模様を綱にたとえ、

27を「つな」と読む語呂合わせから、

この日が記念日に定められたそうです。♪

 


スイカはあまり栄養が無い・・と思われてるようですが、

含まれてる「カリウム」には利尿作用が高く、

腎臓での「ナトリウム」の再吸収を抑制してくれます。♪

 

ようするに、


体内の塩分を腎臓から尿中へ排出する働きがあります。


まさに暑い夏にピッタリの食べ物です。♪

 

 

ですが、くれぐれも食べ過ぎて、

お腹ゴロゴロにならないように。

 

▼スイカジュースでもどうぞ♪

 

7月25日は

「7(な)25(つご)」の語呂合わせから

かき氷の日だそうです。♪

 

かき氷の かつての名称である

「夏氷(なつごおり)」から、7月25日となりました。

 


そして、

1933年(昭和8年)のこの日に

日本最高気温40.8度が

山形市で記録されたことから・・など、


かき氷を食べるのに ふさわしい日として

日本かき氷協会が制定した日だそうです。

 


ところで、この最高気温ですが・・


2007年8月16日、

熊谷市と多治見市で、40.9度が観測されるまで、

74年間にわたり、日本の最高気温を保持し続けた・・とのこと。

 


ちなみに現在の最高気温は、埼玉県 熊谷の41.1度・・。

 

すごいですね。(^-^;)

 

 


ともかく、夏バテする前に、

カキ氷で、心と体を冷やしておきましょう。^^

 

 

▼【2020年モデル】 ドウシシャ 電動ふわふわ とろ雪 かき氷器

 

7月24日は「河童忌」です。


いわゆる・・芥川龍之介の命日。

 

享年35歳。

 

なんとも、早すぎる死ですね。

 

 

致死量の睡眠薬を飲み、服毒自殺・・とのこと。

 

 

稀代の文豪の短すぎる生涯であり、

芥川龍之介の小説「河童」から取って、河童忌と称されてます。

 

純文学の登竜門としての最高峰「芥川賞」は、つとに有名ですね。

 

 

▼以下、抜粋。

 

夏目漱石に師事し、

早熟な才能を開花させた芥川は『鼻』で文壇デビュー。

 

その作品の多くは短編である。


「芋粥」「藪の中」「地獄変」など、

『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。


『羅生門』『河童』など、多くの名作を生んだ。


また、「蜘蛛の糸」「杜子春」といった児童向けの作品も書いている。

 


「人生は一箱のマッチ箱に似ている。

重大に扱うのはばかばかしい。

重大に扱わなければ危険である。」

 

は『侏儒の言葉』の中の有名な一節。

 

1927年この日、自ら命を絶った。享年35歳。

 

▲抜粋、ここまで。

 

 

たまには、純文学にふれましょう。^^

 

 

6月15日は「生姜の日」です。


石川県金沢市にある

生姜の神様を祀る「波自加彌(はじかみ)神社」で、

「はじかみ大祭」が行われることから、制定されたそうです。

 

「はじかみ」とは、生姜の古い呼び方。

「歯で噛んで辛いもの」という意味があります。

 


6月〜8月にかけては、新生姜の旬を迎えます。


この機会に新生姜を食べ、

夏の訪れを感じてみましょう。

 

3月14日は「ホワイトデー」でもあり、

 

「キャンデーの日」でもあります。


飴菓子業界の全国組織である、

全国飴菓子 工業協同組合が制定されたそうです。


1980年(昭和55年)が

第一回ホワイトデーだったそうです。

 

いわゆる・・

バレンタインデーの催事が定着するにつれて、

お返しの風潮が生まれてきたことから、

最初はキャンデーやマシュマロだったようです。

 


バレンタインデーのアンサーデーを、

全飴協がホワイトデーとして定める以前は、


「フラワーデー」「クッキーデー」などのネーミングがありました。

 


日本人の「お返し」文化にピッタリなので、

この機会に

飴玉で感謝を表しましょう。

 

2月14日は「煮干の日」です。
 

 
 
「に(2)ぼし(14)」の語呂あわせから


全国煮干協会が制定したとのこと。♪

 

 


日本人には欠かせない味噌汁には・・
 

昔から


必ずといって「煮干し」が入ってました。

 


そして、ラーメンブームの勢いによって、

その煮干も利用されてきて、

今やラーメンのスープでも市民権を得ていますね。


 
こちらのサイトをどうぞ。♪

▼煮干ひとすじサカモト
http://sakamoto-niboshi.co.jp/

 


ともかく、煮干で

日ごろからカルシウムも補給しておきましょう。^^